2005年12月13日

忘年会開催、だけど・・・

部長指示により、
我が部の忘年会をやることが急遽決定。

もう12月だというのに、予約は取れるのであろうか・・?

後輩を幹事長に仕立て、
手当たり次第に電話をかけまくった。

・・・が、なんと、
案外どこもかしこも週末は空いている。

っていう所までは、誰もが思い浮かべ経験のある
「良くある風景」

しかし、我が部はちょっとちがうのである。

このあと、こわーいおばちゃま連中にお伺いを立てなければならい。

一通り探して、
で、
こんな店で如何でしょうか?
とまずお伺いをする。

すると、
一同、
うーん?

と考えだし、

ちがう店を探し出す。
そして予約。。。

一見、始めっから電話なんかせずに宜しくお願いしちゃえば良いのでは?
と思われがちだが、一通り探すアクションが肝心で、
要は、ゼロから探せと押しつけると、
お店の善し悪しがその人の責任になってしまうため、

まずは検討と否定から入る環境を整える。

後は、女どもの井戸端ネットワークで
予定を確認させ、
会場選択、
結果、皆が楽しく参加できる。

という、シナリオ。

面倒だが、女性社員を多く抱える我が部では、
とても重要な行動。


早い話、

独身が多いので、
おいしい酒と食べ物を他人と食べたい。

若作りの勘違いおばちゃんが、
まだまだ男にチヤホヤ優しくしてもらえると思っているだけ。

なのである。


振り回されるわれわれ若者には、
災厄の時間である。


予定は入らないかな。
ああ、めんど。
posted by 嫌われ者の平社員 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 僕の周りの変な人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10628520

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。